アッチこっちドッチ!?-小さな子音が方向を決める!?

2009年07月06日

人がたくさん集まるところには、

往々にして

ネイティブの姿もよく見かけます。

たとえば、渋谷駅

こちらに住んで長そうな、

日本に慣れた感じの人が多いのですが、

中には観光客風の人もよく見かけます。

とくに入りくんでいる駅周辺では、

困っている風な人多数。

そう、

Win-Win英会話を求める者としては、

願ってもないハンティングスポット(笑)であります。

駅前を歩いていた時のこと。

地図を見ているネイティブがいたので、

「Where do you wanna go?」

と聞いてみると……

「アーッチコー」

????

アーッチコー?

「Yes, アーッ・チー・コー」


「アーッチコー?」


「Yes, アーッ・チー・コー」

のキャッチボールが繰り返されるばかり。。。

なんだろう・・・・・・・・・アッチコーって。

あ、もしかして、

「あっち行こう」ってこと?

いつのまにかナンパされてるっ!?(゜ロ゜)

むむ……でも、あっち行こうって、
その「あっち」はどっちなのよ?

I’m sorry I can’t catch what you say.
What kind of place “アーッチ”?

私がそう聞くと、その人は、

「これだよ、これ」と、

手に持っていたガイドブックのあるページを指差しました。

「ええと、”HACHIKO”……ああ、ハチ公ね!!!」(゚∀゚*)

あっちがどっちか問題で気まずくなっていた空気が
さーっと一気に明るくなった瞬間でした!

“Just go up the stairs and Hachiko is right by the smoking area. It’s not so big, so be careful not to miss it.”
(ハチ公なら、この階段を上がって、喫煙スペースのすぐ横だよ、
小さいから見逃さないでね!)

「OK,Thank you!」

と、ダッシュで階段を駆け上がっていく姿を見送りながら、
一瞬ナンパだと疑った自分の自意識過剰ぶりに赤面……。(//∇//)

それにしても、

「H」の発音が苦手な言語圏の人がいるということは聞いたことがあったけど、

本当に「ハ」が「ア」になってしまうことを目の当たりにしてみると、

ちょっと新鮮な驚きがありました。(o゚▽゚)o

「アチコー」と「ハチコー」。

子音が一個欠けただけでも、こんなに理解するまでに時間がかかるなんて!

私は「L」「R」の発音をどうしても曖昧にしがちなのだけど、

「アチコー」と同じぐらい、意味わかんないんだろうなあ。

普段、ボキャブラリーを増やすことばかりに走りがちだけれど、
ポッドキャストを聞き込んで、
発音もしっかり身につけねば!と
気持ちを新たにした出来事でした。(*’-^*)

投稿者
maruchoo

Leave a Reply

Supported bbCode: [rtl]right to left[/rtl], [u]underline[/u], [sup]superscript[/sup]