実用的な街中Win-Win英会話-味を英語で言い表すと?

2009年06月17日

街で困っている外国人に声をかける、

名づけて

「Win-Win英会話」

という学習法。

さてさて

先日こんなことがありました。

都内某所の日本茶専門カフェに行ったときのこと。

お店にやってきた2人の西洋人男性客。

私の隣のテーブルにつき、

メニューを開くと、

日本語メニューしかなく・・・困った様子。

さっそく声をかけてみました。(^_^)

「ここは何と書いてあるの?」

と彼らが指さした先には・・・

お茶の味のバランスを説明したグラフ。

甘み”は“sweetness

希少性”は“rareness
(これは発音がむずかしくて伝わらず、「unusual」「special」と言ったら理解してもらえました)

風味”は“flavor

と、

ここまでは順調だったのですが・・・・・

次の“渋み”を表す英語がぜんっぜん思い浮かばない :shock:

「Bitterではないし、Strongでもないし、う〜ん……」。

お茶特有の味わいなのだけど

私には説明するのが難しい、ごめんね。

と言って、お茶をにごしてしまいました!w

その次は、

「ここに書かれているのは全部グリーンティーなの?」

という質問が。

お店には、

煎茶

番茶

ほうじ茶

抹茶

と、さまざまな日本茶が取り揃えられています。

私には、

“green tea”

がそのうちのどれを指すのかが、わからない :shock:

というか、そもそも日本茶の違い自体、

よくわかっていないのが正直なところ。(゚Д゚|||)

ヤバい……。

「ここにはグリーンティーだけでなく、いろんな日本茶があるよ。あなたはグリーンティーが飲みたいの?」

とりあえず、質問がえしっ(笑)

「いや、そうじゃないけど」

「じゃあ、お店のおすすめを頼んでみたら?」

と、店員さんにおすすめを聞いて

なんとかセーーーフ!(*^ワ^*)

後で辞書をひいてみると、

“渋み”

“astringency”

というそうです。

“green tea”

は、

煎茶

ちなみに

番茶

“coarse tea”

ほうじ茶

“roasted tea”

抹茶

“powdered green tea”

だそう。

なるほど~、言われてみれば、ちょっと納得。(*・ω・)

あと、

グラフには

うま味

というのもあったのだけど、

うま味は

そのまま

“UMAMI”

で通じました。(v^ー°)

外来語として定着した日本語のひとつなのでしょう。

でも実際に通じるのを目の当たりにすると、

「あら、うま味、わかるの? すごい! ありがとうっ!!」

と、なぜか興奮(笑)。

食べ物や味覚にまつわる表現には、

その国の風土や文化が反映されているのだなと、

今回のことで改めて感じました。

英語もまだまだだけど、日本のことも、もっと知らなきゃいけないこと、

いっぱいあるなあ。

投稿者
maruchoo

Leave a Reply

Supported bbCode: [rtl]right to left[/rtl], [u]underline[/u], [sup]superscript[/sup]