発見!英語学習のターゲット!

2009年06月15日

「外国人を見かけたら、とりあえず声をかけてみる!」

これは、英会話上達のため、私自身に課しているルールのひとつ。

駅のホームにいる家族連れ、ショップやカフェにいる友達グループ、街の注目スポットを歩いている観光客、などなど。

見回せば、東京はそんな「英語学習のターゲット」がわんさかいるのです。

でも、ずんずん近づいていって理由もなく話しかけるのは、ちょっと抵抗があるので、不自然にならないよう、間合いを見計らって、目が合ったら話しかける、という感じにしています。

話しかける絶好のタイミングは、
「相手が困っているとき」

道で地図を見ながら「こっちじゃない?」なんて言い合っているとか、レストランで日本語メニューを見ながら「さっぱりわからない」なんて顔をしているとか。

そんな人を見かけようもんなら、

「英語の教材みーっけ!」

とばかりに、小走りに近づいていって・・・・・

「May I help you?」

の黄金フレーズを発します。

ただ、私の英語力はまだまだ初級レベルのため、バババーっとネイティブ英語を浴びせられると、「す、すみませんが、もう一度言ってください〜」となってしまうのですが……。

でも、困っているときに、「お手伝いしましょうか?」と声をかけてきた日本人を、じゃけんに扱うことはまずありません。

「Could you say that again?」

といえば、ゆっくりと繰り返してくれるし、私のジェスチャーまじりのたどたどしい英語の説明にも、ちゃんと耳を傾け、

最後は

「Thank you! Thank you!」

と大感謝してくれます。

私も相手もHappyの、

まさに

「Win-Win」の実践英会話!!

オススメです!

落ち着いて考えれば出てくる単語やフレーズも、とっさに出てこなくて悔しい思いをすることってありますよね。
それって、「慣れ」とか「度胸」とか、だと思うのです。

きっと心のどこかで

間違えたらどうしよう、伝わらなかったらどうしよう

と思い、自分では気づかないうちに焦っているのかも。

だからこそ、見知らぬ、通りすがりのネイティブと話すことは、英語に対する慣れや度胸を鍛えるために、大切ではないかと思っています。

さ、明日もじゃんじゃん声かけまくるぞー!

投稿者
maruchooさん

Leave a Reply

Supported bbCode: [rtl]right to left[/rtl], [u]underline[/u], [sup]superscript[/sup]