2008年06月のアーカイブ

英語でカジュアルにあいさつを決めてみよう-What’s Up?-

2008年06月24日

“What’s up” と聞くと、

殆どの日本人は、

“How are you?” 

と勘違いして、

“Good” とか “Fine, thank you.” とか言ってしまう人も少なくはないのでは?

もしくは、全く英語に触れた事がない人にとっては、

“What’s” 何が、”Up” 上に?

と直訳してしまって、思わず上を見上げてしまうような台詞かもしれません。

前に紹介した、“How’s it going?” と同じで “What’s up?” もアメリカでは毎日頻繁に耳にする挨拶表現です。

そして、”What’s up?“ の場合、以前にも増して、何も詳しくは尋ねていない可能性が高いフレーズと言えるでしょう。

通りすがりのよく知らない人が”What’s up?” とすれ違いざまに声をかけながらそのまま歩き続けるということも、特に変わったことではありません。

また、”What’s up?“ の答えとして、同じように “What’s up“ で返してそのまま会話に入る、という人もたくさんいます。

What’s up?“ という表現事態はどちらかと言えば若者がよく使う表現で、目上の人に対して”What’s up?“と言うと失礼にあたります。カジュアルな友人に対して使うのが一番無難かと思います。

What’s up?“ に対して最もよく使われる答えの表現は:

“Not much, what’s up with you?”
“Nothing much. What’s new with you?”

などと言えます。

What’s up?“ は “What is up” の短縮形で、感覚的には調子はどうだい?みたいな感じなので、”Good“ なんて言ってしまうのも無理はないのですが、きちんと解決すると、Howで始まるか、Whatで始まるかでその疑問文の答えは決まってくるんですね。

How’s it going?“ や ”How are you?“ は、 ”How“ ~はどう?という質問なので、答えは ”Good“, “Bad“, “Ok“ など、状態を表す答えになります。

それに対し、

What’s up?” や “What’s new?“, “What’s cooking?“ など、”What“ で始まる疑問文に対しては、

Nothing much“, “I‘m going to the baseball game.”, “I came to ask you some questions.” など、か物事、目的などを表す答えになります。

例えば、二人の学生が別々の方向から歩いてきているとします。

二人は出会い頭に握手を交わしながら、

What’s up man!

と一人が言います。もう一人が、

Nothing much. How about you?” (特に何もないさ。君はどうだい?)

という感じです。

また、 “What’s up?“ は、大学や会社で、教授の部屋、社長室など、事前に話の内容を伝えずに行くと、向こうが “What’s up?“(どうしたんだい?)、”What’s wrong?“に近い感じで聞いてくるときにも使われます。

この場合、相手の返答を引き出しやすい気軽な質問として用いられています。

“What’s up?”

ぜひ自分でも使えるようになりましょう☆

【音声レッスン】→ What’s up?

Written by
Hiroko

英語でプロポーズ!?ドキドキのWill you marry me?

2008年06月11日

こんにちは~(^^)

6月に突入しましたね。

6月と言えば、ジューンブライドという言葉が浮かんでくる人も、少なくはないと思いますが、
なぜ6月に結婚式が多いか知っていますか?

6月、は英語でJuneと言います。

Juneという言葉は、ギリシャ神話の神、Junoからきていると言われています。

Junoとは、結婚や結婚した家族を守る神と信じられており、そこから、6月に結婚するのがラッキーだ、という風になったようです。

さて、この結婚なんですが、結婚する前には、たいていの場合はプロポーズがあって結婚にいたりますよね?

アメリカではプロポーズがどうやって行われるか、気になりませんか?

日本だと、男性が、ロマンチックなディナーに女性を誘い、夜景の見えるレストランで一言、「結婚しようか。」なんていうイメージがあるんですが、皆さんはどうでしょう。

最近では、バンジージャンプをして気持ちを伝える、なんていう芸能人もいましたよね。

私がアメリカで住んでいたアーカンソー州は、アメリカ南部の、結構保守的な人が多い州なんですけど、なぜか、結構若くして結婚する人たちが多かったんですね。
そんなわけで、私も友達のプロポーズするところ、されるところなどを結構目撃したり、まあ話を聞いたりしたんですけど、その中から、写真公開を承諾してくれた友達の写真をお見せしながら、プロポーズの現場をちょっと紹介したいと思います!

旦那さんはコロンビア出身のDavid、奥さんが私の友達のRachel。

二人はこの日、散歩に行くんですが、この間に、プロポーズの準備はちゃくちゃくと進んでいました。

奥さんの家族にプロポーズのセッティングを手伝ってもらう、と言うのはアメリカでは珍しいことではありません。

この日も、二人が散歩に行っている間に奥さんの家族がダイニングルームをこんな風にデコレーションしてくれてたんですね。

アメリカ、英語�習、英語、英会話、日記

そして二人が戻ってきて、まずこの光景を見たRachelは、

“What the heck is this?” 何これ!!

って言ったんです。

この台詞は、驚いたとき、何がなんだか分からない状況に出くわしたときなんかに使えます。

アメリカ、英語�習、英語、英会話、日記

普段からスペイン語で会話する事が多いDavid と Rachelなんですが、Rachel はここで、Si (はい)って答えたんです。

この二人のほかにも、例えば、陶器を作りに行ったカップル。フィアンセの男性は先回りしてプロポーズ用のお皿を先に焼いていたんです。

出来上がった二人のお皿を持ってきてもらったときに、お店の人に頼んでおいて、前もって焼いていたお皿を出してもらいました。

すると、そのお皿のふちには、

“Will you marry me?”

と書いてあり、最後の”?“のところに、指輪が置いてあったんです!

なんてスイートな!!

こんな風に、アメリカの男性は、プロポーズに真剣です(笑)どんなクリエーティブな方法でフィアンセを感動させようか、試行錯誤を重ねます。

皆さんも、今までに見た、聞いた、やったことのあるプロポーズ、色々あると思いますので、コメント欄に書き込んでシェアしてみてください☆

アメリカ、英語�習、英語、英会話、日記

【音声レッスン】→ Hero’s Blog

Written by
hiroko